このページではJavaScriptを使用しています。

保険診療 | T'sデンタルクリニック

T'sデンタルクリニック

保険診療

虫歯治療

軽度(C1)の治療

軽度(C1)の治療

初期段階では虫歯も小さいので虫歯になった箇所を削りレジンで埋めます。

中度(C2)の治療

中度(C2)の治療

象牙質まで虫歯が侵食してしまっている場合、虫歯となっている部分を削り、型を取った後に小さな被せ物をします。保険適用内で治療を行う場合、銀歯が使われる事が多いです。

重度(C3)の治療

重度(C3)の治療

虫歯の侵食が神経まで達している状態です。かなりの痛みが伴いリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。ここまで状態が悪化してしまうと神経を抜くしかありません。
神経を抜いた後、薬剤を入れ、歯を補強し被せ物を装着します。隙間から菌が侵入しないよう精密な被せ物を作る事とかみ合わせに注意しなければなりません。

末期(C4)の治療

末期(C4)の治療

歯の大部分だけではなく歯を支えている骨にまで虫歯菌が侵食してしまった状態です。この状態になると天然の歯を残すのが困難で、抜歯をしなければいけない可能性が高いです。

虫歯を放置しておくと歯を失うだけではなく、虫歯細菌による感染症が全身に影響する場合もあります。しばらく歯医者に通院していないという方は、痛く無くても一度受信される事をオススメ致します。

歯周病治療

歯周病の原因である歯垢・歯石の除去、歯の根の表面の滑沢化などを行います。 この処置によって歯周ポケットの深さが3mm以内になれば定期検診へ移行します。
歯周ポケットの深さが改善されない場合、外科治療によって歯肉を切開し歯の根本に残っている歯垢を除去します。
歯周病によって歯槽骨が失われていた場合、骨を再生させる手術を行う場合もあります。
腫れた歯肉から侵入した菌が持つ毒素は血糖コントロールに影響を与える為、糖尿病の合併症の1つと言われてきました。その他にもプラークが血管内に侵入することで血管が詰まり心筋や脳梗塞を引き起こすとも言われています。

適切な治療とその後の定期検診・正しいブラッシングを身につける事が重要です。