このページではJavaScriptを使用しています。

予防歯科 | T'sデンタルクリニック

T'sデンタルクリニック

予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科とは、虫歯や歯周病を治すための一般的な治療ではなく、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つ治療の事です。

虫歯に掛かると歯を覆っているエナメル質を削り、詰め物をしなければなりません。
「痛くなったら歯医者に行けばいい」と思ってらっしゃる方も多いかと思いますが、痛みが伴うということはそれだけ重症になっているという事であり、当然治療にも時間がかかり複数回の通院が必要になります。
歯周病に至っては痛みが伴わない為自覚症状がなく、歯がしみる・歯茎から出血するなどの症状が出た時には悪化が進んでおり、そのままにしておくと最終的には歯を支える骨が溶けてなくなり抜け落ちてしまいます。
天然の歯には自己治癒能力がありません。一度悪くなってしまった状況を改善することは出来ても元に戻すことは出来ないのです。

そうならないためにも、T‘sデンタルクリニックでは、正しい歯磨きの仕方や定期検診を行うことにより虫歯・歯周病になりにくい口腔環境を整え、健康的な歯を保つ為の予防歯科をオススメしております。

定期検診について

虫歯と歯周病のチェック・歯石、歯垢の除去・ブラッシング指導などを行います。
口腔内の状況にもよりますが3ヶ月から半年に一度の検診をお願いしています。

PMTC

専用器具を用いて行う歯の清掃のことです。
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や歯石やタバコでついた着色汚れなどは、毎日のブラッシングでは取りきれません。
毎日のブラッシングに加えて定期的に行うことで、蓄積しがちな歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)を取り除き、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

フッ素塗布

虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。

  1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
  2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  3. 酸の生成を抑える

塗布の必要な回数はお口の状態によって異なりますが、1年に2~4回の塗布を継続することで20~40%程度の虫歯の予防効果があるとされています。